DIYに興味があるけど、どんなことができるのかわからない!

DIYは誰にでも出来る?

DIYは「自分で何でもやってみよう」という意味のDo It Yourselfを省略した言葉です。棚やテーブル、椅子などを自分好みに作るのも素敵ですが、最初から大きなものに挑戦するのは大変です。初めは小さな、簡単なものから始めてみると良いでしょう。しまりの悪い扉の蝶番をしめ直す、滑りの悪い戸のレールに補強をするのも立派なDIYです。まずは家の中の簡単な修理から始めて見るのも良いかも知れません。馴れてきて、何かを作りたくなったらお店のワークショップなどに参加してみましょう。ホームセンターや雑貨店などで開催されていることがあるので、近くにあるお店をチェックしてみてください。1人で始めるより敷居が低く、わからないところはすぐに質問ができるので参加する価値はあるでしょう。

道具も作業場所もない!どうしたらいい?

ドライバーやカッターナイフ、日常の修理で使う道具は買いそろえておくと良いでしょう。小さな小物であればそれだけでも作れます。日常のメンテナンスでも出番の多いものは、少しだけ素材にこだわった物にしておくと長持ちします。少し馴れてきて、大きな物に挑戦したくなったら、ホームセンターを活用しましょう。滅多に使わないものに大金をつぎ込むのは躊躇してしまいますよね。木材を切ったり、加工する場合にはホームセンターを利用しましょう。作業場を提供していることがあります。そのお店で買った木材であれば、希望のサイズにカットしてくれる事あります。どちらの場合も有料であることが多いので、利用する前に確認しておきましょう。

表面処理とは木材や金属の表面を加工することです。表面処理設備を用いて金属の表面をめっきで覆うと、金属が錆びにくくなります。