オリジナルノートをDIY!好きな紙や表紙が選べる


中綴じで自分好みのノートやメモ帳を作ってみよう!

普段ノートやメモ帳を使っている時、使い勝手がイマイチだと感じることはありませんか?お気に入りのペンとの相性が悪かったり、表紙が柔らかすぎて立ったまま字が書きづらかったりすることもあるでしょう。また、デザインが似たりよったりで他人のものと区別がつけにくいとか、安っぽいと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。それならば思い切って自分でノートやメモ帳をDIYしてみませんか?中綴じタイプなら初心者でも簡単に作れますよ。

必要なものを用意する

せっかくオリジナルのノートやメモ帳を作るのであれば、自分の好きな用紙で作りたいもの。人によって、使いやすい紙というのは様々ですよね。紙質にこだわりたいのであれば、自分の好きな用紙を用意しておきましょう。罫線をあらかじめ印刷しておくのもおすすめ!罫線のフリーダウンロードが出来るサイトも多いので、罫線を自作するのが難しい場合はそういったものを利用するのもいいですよ。他にはカッター、カッターマット、ホチキスなどが必要です。ホチキスは中綴じ対応タイプのものを用意しておきましょう。中綴じの場合、作れるノートのページ数は、使用するホチキスの対応枚数によります。

用紙を真ん中で折っていく

次は用紙を真ん中できれいに折っていきます。出来るだけしっかり折り目をつけるのがポイント!折り目をつけたら、重しを載せて一日ほど置いておきましょう。しっかり折り目が付いたら、ホチキスで上下の二箇所を留めます。上下の位置が同じ長さになるようにしてあげると、見た目もきれいになりますよ。最後にカッターで端をきれいに切り揃えたら完成です!

熱風乾燥炉は、精密部品、薬品、印刷、食品、樹脂化成品などの分野で、対象物を乾燥させることを目的に使用されています。