光ファイバーを家に引き込む工事とはどのようなもの?


電柱を経由して光ファイバーを家に引き込む

自宅に光ファイバー回線を引き込む場合、工事の立ち会いを求められることがあります。では、光ファイバーを引き込む工事とは具体的にどのようなものなのでしょうか。まず、あまり知られていないかもしれませんが、光ファイバー回線は今、自宅に届いてなくてもかなり近くまできている可能性が高いです。というのは、回線業者が電線に這わせる形で全国各地に張り巡らせているという状態だからです。もし、一軒家に光ファイバーを引き込む工事を行うとなった場合、電柱から光ファイバーを引き延ばして直接、家の中に入れることになります。光ファイバーは非常に細いのでわざわざ新規に穴を開けず、エアコンのダクト用の穴を利用することもあります。

家の中ではそれほど大がかりな工事は行われない

部屋の中まで光ファイバーを引き込んだら光ファイバー用のコンセントを設置し、そこから設置業者が持ってきたパソコンに回線を接続してインターネットが実際に利用できるのか、そして、回線速度は問題ないのかということを確認します。もし問題ないとなったら、基本的にそこで工事は終了です。光ファイバーを引き込むのが一軒家ではなく集合住宅の場合は、電柱から引き延ばした回線をいったんスプリッタと呼ばれる機器に接続し、そこから部屋に回線を延長することになりますが、その後、コンセントを設置したり回線をチェックするという内容は同じです。工事といってもそれほど大がかりなものではなく、騒音が発生することもほとんどありません。

中古の建機のオークションは競り合う相手が多いと高額化しやすい傾向があります。終了時間直前に入札する他、複数の出品を比較するのが安く落札するコツです。