そもそもCADって何?CADの種類と特徴を知ろう


CADとはコンピューターによる設計システム

CADとはComputer Aided Designの略称です。日本国内ではキャドと呼ばれるケースが多く、建築業や製造業で活用されることの多いアイテムだと言えます。CADにはコンピューターによる設計支援という意味合いがあるため、コンピューターを使った設計システムをCADと総称されています。手書きで設計図を作っていくよりもCADで設計図を作っていく方が作業効率が上がるので、CADを利用する企業は増えています。

CADの種類とそれぞれの特徴を知っておこう

2次元CADは簡易的なCADの1つであり、初心者でも扱いやすいシステムだと言えます。平面図や立面図を描くことに長けているシステムであるため、平面図や立面図を利用することの多い企業で活用されています。2次元CADは無料ソフトもあるため、素人が個人的な目的でCADを使いたい場合にも、このCADはおすすめです。3次元CADは立体の製図を行うときに使用されるものになります。直方体や球体の図面を描くのに適していると言えます。製品の最終的な仕上がり具合をイメージしやすいので、3次元CADは様々な分野で活用されることが多いでしょう。3次元データから2次元データを作成することもできるため、汎用性の高いシステムだと考えられます。

しかし、3次元CADはパソコンに要求されるスペックが高いため、導入するのが難しいという問題もあります。ソフト自体も高額であるのが、3次元CADの特徴です。これらの特徴を考えると、3次元CADは予算に余裕のある企業が導入しやすいと言えます。予算の少ない人は3次元CADのレンタルサービスを利用するのも効果的です。

電気CADとは、パソコンで設計や製図を行うツールであるCADの種類の一つです。制御盤や配電盤を簡単に配置できるなど、電気設計を効率的に行うための機能が揃っています。