CADが使えるようになると利点がたくさんあります


CADの基礎知識について

工業系の学校では高校で製図の基礎を学び、大学で本格的なCADを学びます。製図の基礎では数字の書き方から始まり、寸法補助記号の書き方や投影方法を学び、最終的には図面の読み書きが出来る事が目標となっています。CADというものは製図をコンピューター上で行う事を意味し、手書きよりも時間短縮が出来る点や、修正が容易に出来るというメリットがあります。学校でいきなりCADを教えないのは、基礎知識として図面の読み書きが出来る必要があるため、手書きで練習しながら土台を作っていく必要があるからです。

CADはスクールで学ぶ方が便利です

CADに関する参考書とCADソフトとパソコンの三点があれば独学で学ぶ事は可能ですが、不明点が出てきた場合に解決が困難です。一方で専門のスクールに通うと未経験者でも4ヶ月程度で技術の習得が可能な上、プロが教えてくれるので、分からない事があればすぐに聞くことが出来ます。聞くことが進歩につながり、今後の仕事で役に立つ知識を得られるので、気軽に質問できるという利点がある事から、多少のお金がかかってもスクールで学ぶ方が理想です。

仕事の幅がCADを使える事によって増えます

CADオペレーターに関する求人はかなりの数があるので、多数の求人の中から自分にあった会社を選択できます。製造業や建築業で重要な工程になっている他に、アニメーションやカタログの制作など設計以外にも色々な面で活用されています。図面に慣れるまでは大変な部分もありますが、CADの技術を取得してしまえば、雇用してくれる会社が増えるので、勉強する価値は十分にあります。

水道CADとは、パソコンを使用し水道の配管設計や作製ができるソフトウェアのことで、効率よく設計や図面作成ができます。