どんなことに気を付けたらいい?はじめてのCAD導入


自社で利用する機能に沿ったソフトを導入しよう

CADを導入するうえで大切なポイントとしては、自社の業務に合った形で導入できるかどうか確認することです。導入したときに、一部の機能しか利用しないのであれば利用する意味がありません。多くの機能を利用できるよう、自社の業務に最適なCADソフトを購入しましょう。実は業務内容によって導入したほうがいいCADは大幅に違います。活用するべき業務についてのビジョンを明確にしておくことで、納得できる機能が付いたCADソフトを導入できます。

建築設計に活用したい場合、設計に利用する機能が充実しているかどうかが選択肢の基準です。特に建築法に基づいた規制対応などは必須条件といえるでしょう。導入する前に機能が充実しているかどうか、確認してから導入をしてください。

業務内容を補助する機能のあるものを選ぶ

製品開発分野で導入する場合、建築系のCADソフトよりも3Dモデルシミュレーションが活用できるかどうか、機械や商品を正確に表示し、プレゼンに役立てられるのかを確認しておくことが必要です。機能に合わせて必要なソフトは異なります。もしこれから導入を検討している場合、業務を効率化させるために導入することが急務となるでしょう。そのため、業務をフォローできるタイプの機能が充実しているかどうか、比較サイトで確認してから買うことが望ましいといえます。

作図補助機能やデータ共有など、利用するべき機能は多々存在しているため、自社の業務に合わせて効率化を図ることが必要となるでしょう。予算ではなく業務で選ぶことで、良い結果につながります。

電気CADは世界各国の規格に対応した設計が実現します。従ってグローバルなビジネス展開をしている企業に最適です。